Vmoso概要

今日の会話が明日のナレッジへ

製造業、小売業、通信サービス業、金融業、様々な業界でワークスタイルが変化しています。ワークスタイルの変革のキーワードはモバイル化、社内外のコラボレーション、柔軟性のあるプラットフォームです。Vmosoは、様々なアプリケーション、IoT、AIやBot、プラットフォームと連携し統合します。システム毎に分断されている情報を一元化し、デスクトップとモバイルどちらからでも同じ情報に辿り着くことが出来ます。簡単なデモ動画をご覧ください。より詳しい情報をお求めの方はお手数ですが、以下のボタンからコンタクト情報の入力をお願い致します。日本ブロードビジョンからすぐにご連絡差し上げます。
コンタクト情報入力

BroadVisionのVmosoは企業に不可欠な様々なシステムと連携し

様々な形式でユーザーへ情報を提供します

socialnetworking-icon

コンタクト(連絡帳)

社員(LDAPや各連絡先管理システム)、お客様、パートナーなど、全ての重要な連絡先システムと連携し維持管理します。それらを簡単に呼び出し、つながる事が可能になります。

chat-icon

チャット

通常のチャットはもちろん、様々なシステムで発生するイベントやそれに伴うコミュニケーションをチャット形式で表示します。企業向けの管理機能を充実させており、セキュアなリアルタイムコミュニケーションを実現します。

contentsharing-icon

コンテンツ共有と管理

どのシステムにファイルを保存したか、最新のファイルがどこにあるか分からないという事はありませんか?Vmosoは様々なシステムで管理されているファイルをコピーを作らず一元的に管理し、版管理を行います。

workflow-icon

ワークフロー

ワークフローの実行管理が可能です。様々なシステムで発生するタスクを一元化し、企業に不可欠なタスクとワークフローを提供します。

email-icon

メール/システム連携

ファイルや情報の検索に時間に時間がかかっていませんか?Vmosoはメールや他システムと連携可能なため、Vmoso上で複数のシステムの情報を検索する事が可能になります。この連携により、Vmosoを使っていないユーザーともコミュニケーションとコラボレーションが可能です。

Vmosoは、社員と企業の生産性を向上させ、ナレッジを蓄積管理するモバイルファーストのプラットフォームです。

そして、リアルタイムに同僚、お客様、パートナーとのコミュニケーションとコラボレーションを行いエンゲージメントを

向上させるオープンプラットフォームです。

Vmosoの提供する価値

  • null

    ナレッジの収集と管理

    トップダウン、ボトムアップの情報浸透を促進し、社内外にあるナレッジを水平展開する事が可能になります。

  • vmoso-icons2_0002_productivity

    生産性の向上

    VmosoはAPIファーストであり様々なシステムと連携するため、情報が一元化されます。また、様々なシステムで発生するイベントをPush通知で得られます。その為、応答スピードが向上され、作業の重複を回避し手戻りを削減し生産性を向上します。

  • vmoso-icons2_0006_corporateknowledge

    ナレッジの共有

    検索が容易になり、適切な情報へたどり着くまでのスピードが向上します。例えば、新たにプロジェクトやチームに加わる社員でも、体系化された過去のコンテンツやコミュニケーションにアクセス出来るため、立ち上がりがスムーズになります。

  • vmoso-icons2_0004_collaborate

    社内と社内外とのコラボレーション

    Vmosoの価値の提供範囲は、社内及び顧客やパートナーを含めた社外のコミュニケーションとコラボレーションです。社内に限定したコミュニケーション、社外を含めたコミュニケーション双方を支援します。

  • icon

    モバイルファースト

    モバイルでの情報漏えいは企業にとって大きなリスクです。Vmosoでは「モバイルで取った写真のアップロードの制限」や「コンテンツのダウンロードの制限」を設定する等、企業のポリシーに応じて様々な管理が可能です。これにより、BYOAのリスクを回避しBYODを促進します。

  • icon

    クラウドセキュリティの強化

    クラウド環境はグローバルのメンバーが24時間監視を行っています。そして各国のパートナーが運用を行いながら全ての情報を暗号化し、データプライバシーを確保しています。

Vmosoは、セキュアなコミュニケーション&コラボレーションプラットフォームです。ユーザーはPC、モバイルで様々なシステムで発生するイベントを把握する事が出来、必要な情報にアクセスし、社内外のメンバーとコミュニケーションを取ることが可能になります。